※いつから作れる?債務整理後にクレジットカードを作りたい!

※いつから作れる?債務整理後にクレジットカードを作りたい!

※いつから作れる?債務整理後にクレジットカードを作りたい!

借金問題に困ったときの解決策の一つが債務整理です。
債務整理を行うと今より借金の返済が楽になる、あるいは借金がゼロになりますがデメリットが多いです。
一つにブラックリストに掲載されると言う点です。
ブラックリストはいろいろな金融機関同士で情報を共有しています。
債務整理の記録が掲載されてしまうと、金融機関からの新規借入は出来ないです。
お申し込みは出来ても審査の段階でブラックリストを参照しているので、債務整理の記録が残っていたら落とされてしまいます。
さらにクレジットカードを新規作成しようとしても審査で落とされてしまいます。
ご家族はブラックリストに掲載されませんので、問題なく金融機関からの借入もクレジットカードの作成も行えます。
債務整理後に記録されている期間は手続きの種類によって異なります。
債務整理は任意整理や個人再生や自己破産などの手続きがあります。
任意整理の場合で約5年、個人再生と自己破産の場合で約5年から10年です。
この期間が過ぎればブラックリストから記録が削除されて、また新規借入もクレジットカード作成も出来るようになります。
削除されても債務整理を行った債権者から借入を行える可能性は低いです。
違う金融機関に申し込まれた方が良いです。
信用情報機関にて個人信用情報の開示請求を行うと、ご自身のブラックリストを閲覧が出来ます。
閲覧したから削除されるわけでは無いですが、インターネットで簡単に開示請求が行えますので気になる方は何が記録されているかチェックされると良いです。