※あなたは知っていますか?【債務整理のデメリットを徹底解説】

※あなたは知っていますか?【債務整理のデメリットを徹底解説】

※あなたは知っていますか?【債務整理のデメリットを徹底解説】

私たちの身の回りにはごく簡単な手続きのみで、すぐに融資を行ってくれるサービスがとても身近な存在としてあります。代表的なのが消費者金金融のキャッシングや銀行のカードローンですが、これらのサービスではまるで自分の預金口座からお金を下ろす感覚でお金を借りられることから、つい必要以上にお金を借り過ぎてしまうといったデメリットがあります。
人によってはあまりにも手軽にお金を借りられることから借金を重ねてしまい、いつの間にか自分の収入では借金を返していけない状況に追いやられてしまう人もいます。そのようなときに肉親や親しい間柄の人が手を差し伸べてくれればいいのですが、お金に関することについてはなかなか援助の手を差し伸べてくれる人はいません。
自分の収入では借金を返済できず、誰にも頼れないという場合、借金の問題を解消するため方法としては債務整理の制度を利用することになります。債務整理の制度は借金の問題を抱えている消費者を保護するために設けられているものですが、この制度を利用することで借金の問題を解消することができるようになっています。
たとえば債務整理のなかでよく知られているのが自己破産ですが、自己破産をした場合には借金がゼロになるといったメリットがあります。しかし、借金がゼロになる反面、財産のほとんどを失ってしまうというデメリットもあります。また、自己破産以外の債務整理でも一定の期間、クレジットカードを作ったり、新たに借金をすることができないなどのデメリットがあります。