債務整理ってだれでも出来るの?※債務整理の条件について知る

債務整理ってだれでも出来るの?※債務整理の条件について知る

債務整理ってだれでも出来るの?※債務整理の条件について知る

債務整理にはいろいろな方法ありますが、このうち任意整理を行うためには以下のような二つの条件が必要になります
<条件①>返済のために必要な安定した収入があること。
<条件②>今後も継続して返済を行っていく意思があること。
この2点をクリアしてさえおれば任意整理を行うことはできます。
でも数々ある債務整理の方法から、何故任意整理を選ぶのが良いのでしょうか。
言い換えれば、債務整理の中で、任意整理が向いているのはどのような債務者なのでしょうか。
任意整理が向いているのは、債務に関して、以下のような悩みをかかえている人たちです。
①お金に余裕がなくて、毎月利子だけしか返済ができない。
②ずいぶん長い間返済を続けているのに、一向に借金残高が減らない。
③返済を続けるために、新たな借入れが必要になってきた。
このような悩みを抱えている人には、任意整理がおすすめです。
任意整理をすると、金利が法定金利以内に抑えられますから、これまで払ってきた法定金利オーバー分が過払金として戻ってきます。それを当面の返済金に回すことができますから①の問題は解決できます。
それに、今後の返済の金利が法定金利に抑えられますから返済総額が少なくなり、返済期間がうんと短縮され、②の問題も片付きます。
また、戻ってくる過払金を当面の返済に充てることができますから、新たな借入れは必要ではありません。
このように任意整理を領すれば,上の三つの悩みは一度に解決することができるのです。